読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coalamogu

~農家一年生とゆかいな仲間たち~

野を越え、山を越え

吹雪く雪山をさんない方面へぐんぐん進む

なでしこのオーストラリア戦、敗戦のニュースをつながっては途切れるフルセグで視聴していた。

時刻は8時半、われわれ一行は急いでいた。

オセンの開店にである。

おしんではない。オセンである。
スーパーオセンは岩手の湯元に本店と北上に構えるコスパバツグンのローカルスーパー。

はじめてばあちゃんがオセンから戦利品を抱えて誇らしげに帰ったとき、値札をみてたまげた。

安い

たとえば、いわし。
刺身でもいける新鮮ないわし三匹まるまる入って190円。大きなにしん二匹で200円切っている。

湯元温泉街を抜けた山奥にあるが、漁師さんから直接仕入れをしているため、エブリデーロープライスを実現。

自宅を出てから40分。ようやく到着。と、思いきや…何かがおかしい…

まさかの休み…

がくりと肩を落とした一行。
でも、留守番しているばあちゃんをがっかりさせられない。それに私たちはあきらめが悪い。時刻は9時過ぎ。

そうだ、北上へ行こう。

という訳で湯元から高速に乗り、北上へと向かった。暴風注意報が発令されている中 、どんどん激しくなる吹雪にも負けず、一時間。途中、出羽山脈を越えたあたりから天気が穏やかになり、オセンに到着したあたりから、風は強いものの、日が顔を出してきた。そして、到着。

やっぱり北上のオセンは大きいね。
と談笑する私たちだったが、駐車場は空車。肩を落とした。

まさかのお休み…

スーパーオセンは不定休なのだが、本店と北上店の休みが重ならないようにしているらしい。が、今回は奇跡の二店舗同時休み。

一体誰がこんな悪天候の中、遙々ここまで来るだろうと思ったのか。

悪天候の中、県をまたぎ、車を走らせ、高速まで乗り、山脈を越えたバカ3人。
完全にオセンの神様に見放された。

結局、一時間かけて戻り、地元のスーパーで買い物。落胆する私たちをばあちゃんは出迎えた。

「本店が休みだったから、北上も行ったけど、そっちもダメだった」

そう伝えると、ばあちゃんの手が肩にポンポンと添えられた。

まるで、落胆する選手たちを慰める佐々木監督である。

待ってろよ、おしん
じゃなくて、オセン。