読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coalamogu

~農家一年生とゆかいな仲間たち~

虫に優しく

自然ゆたかな山里
虫たちも精一杯生きてます
迷い込んだ虫たちを網でやさしくすくってあげてください

あいいの温泉鶴ヶ池荘の露天風呂にある注意書き。その脇には虫取り編みがかかっている。なんと、人だけでなく、虫にまで優しい。
湖畔の脇にあるこの温泉は冬こそ湖面が凍ってお虫様の来客はないものの、夏場に行けば迷い込む虫もいること間違いない。

私またさんないにいた。
目的は例のオセンではない。温泉だ。

かつてはここで鶴が養殖され、鑑賞されたとの古記のころから「鶴ヶ池」という名称が存在したらしい。また、江戸時代の紀行家も「鶴ヶ池」を句に詠んでいる。

露天風呂からはこの鶴ヶ池が一望できる。
晴れた冬の時期は、雪景色と湖と青空が素敵なコントラストを醸し出している。
湖は車での一周できる。もちろん対岸から入浴中の人々が「丸見え」にならないように目隠しがあるので、ご安心を。

入湯料は500円。シルバーは300円。
このあたりはどうやら500円が相場らしい。有料の休憩所、お食事処、無料の休憩ゾーンもある。宿泊施設も併設されている。敷地内の直売所「山菜恵ちゃん」では地元の農家さんが手塩にかけた農産品が販売されている。
以前ご紹介した「いぶりがっこ」が何種類お並ぶ。塩加減やいぶし方によって味わいが変わってくる。どれも試食ができたので、口に運ぶと見た目は変わらないのに、風味が全くちがうことに驚いた。

f:id:coalamogu:20160306130102j:plain

周辺にはたくさんの温浴施設が並ぶ。
一軒一軒しらみつぶしにしていこう